久米田 授 「道」

久米田 授 「道」

異界へとつづく道

この道をこれ以上進むと
この世界とは違うどこかへと繋がっているという。

そこはどんな世界なんだろう。
幻想的で神秘に満ちた世界?
遠い遠い過去の世界?
魔法飛び交うファンタジーの世界?
アリスや千尋のような物語がまっているのだろうか・・・。

この狐たちは、そこへ行った者がたどる運命を知っている。
悠久の長い間、
吸い寄せられるかのようにこの先へ進んだ多くの者たちを見送り、
そして向こうから戻ってきた一部の者たちを迎えてきたのであろうから。

あなたはこの道を進み、
その先にある未知の世界を覗いてみたくはないですか?

写真展について